1. >
  2. ハウスクリーニングは高嶺の花?!

ハウスクリーニングは高嶺の花?!

片付けが苦手な私にとっては憧れの存在ですね。いつか頼みたいなぁ、臨時収入があったら…などと考えていますが、やはり高嶺の花。憧れの存在でしかない状態です。

しかし、今まで敷居が高いなぁと思って来ましたが、ここ最近、お金持ちしか利用しないものではなく、そこまで頼みにくい存在ではない事に気付きました。それはバナー広告や、テレビCMなどで明確に値段を知ることができることを知ったからです。

今はまだ利用した事がありませんが、次のお誕生日にはおねだりしてみようかなと思います

さすがはプロ。

産後に旦那一人暮らし状態だった家があまりにも汚く、しかし掃除する体力がなく、ダスキンにお願いしました。本当に、見積もりを取った箇所しか掃除をしてくれませんので、全部やりたい人はそれなりの出費を覚悟してください。でも、掃除してくれた場所はものすごく綺麗になります。感動するくらいです。私はキッチン周りとトイレとお風呂をお願いしました。一箇所二万円ぐらいだったと思いますが、年末大掃除以上に綺麗になります。

現在のハウスクリーニング業者の利用例

ハウスクリーニングは家庭では使用しないような特殊洗剤等を利用し、お客さまからの依頼のあった箇所を徹底的に掃除するサービスです。そのため、掃除箇所ごとにサービス料金が決まっており、時間制で決められることのない料金体系になっています。

プロの特殊清掃というイメージが強く、一般家庭で依頼することはめったにないサービスというイメージが強く、身近にハウスクリーニングを利用しているシーンといえば、家の売買や賃貸での退去後や入居前などの清掃を不動産業の方が依頼しているというくらいで、個人で利用したという体験を聞いたことはあまりありません。

プロに依頼して家中ピカピカに

1年に2回は大掃除を頑張っていますが、自分で掃除するより専門家に依頼したほうが絶対に綺麗になると思います。なかなか完璧に綺麗に出来ないレンジや換気扇などは自分で頑張った割りに汚れが残ったり…しかし問題は料金ですね。結構割高だと思うのでなかなか気軽に頼むのは難しいですね。でもやらならなければいけないのに実行出来ないストレスを考えると思いきってプロに依頼するのはいい決断だと思います。出来れば1年に1回のペースがいいのかと思っているので今年は思いきって依頼したいと思います。